CONTENTS
現在満枠のためご新規様のご相談は5月以降のご予約となります。

集客を加速する!コンバージョン率の高い魅力的なページ構成と見出しの作り方

集客を加速する!コンバージョン率の高い魅力的なページ構成と見出しの作り方

Web集客のカギは、一見目立たないところにあるんですよね。
それは、見込み客がふと立ち寄ったページから、思わず足を止めてしまうような見出しの魅力と、予想外な情報の提供です。

ひとつひとつのサービスページにただの紹介文や情報を並べるだけではなく、成約を引き出すランディングページ(LP)のように考えることで、見込み客をリードするチャンスをつかみ取ることができます!

この記事では、お客さまの目を惹き、無意識に最後まで読んでもらうページの見出し構成作成のコツと、予想外の情報をどう活かすかについて解説してみます!

文末にはLPのような成約率を目指すサービスページの作り方についても掲載していますので、ぜひ最後まで読んでもらえたら嬉しいです!

目次

集客ページ構成の重要性

Web集客においては、斜め読みでも理解させる「キラッと光るページ構成」が実はとても大切です。

ちょっと考えてみよう!

誰でもクリックはできるけど、その先の「とどまってもらう」こと、そしてそのページで目標としている「ゴールへアクションしてもらうこと」が真の集客戦略なんですよね。
コンバージョン率の高いページってどんなページだと思いますか?

それはページひとつひとつにユーザー(訪問者)が興味を持ち、行動に移すようデザイン(設計)する。
それがコンバージョン率を上げる秘訣です💡

では、その秘訣を深掘りしていきますね。

まずは、なぜページ構成が集客において重要なのか、その理由からお話ししていきます!

見込み客の注意を引く、見出しの科学

集客ページの見出しは、
ただの文字列じゃありません。

実は一つ一つの見出しが、訪問者の心(お悩みや潜在意識)に直接話しかける魔法の言葉。

見出し一つで、そのページが読まれるかどうかが決まると言っても過言ではないんです。
普段、斜め読みすることって多くないですか?

では、どうすれば効果的な見出しを打ち出すことができるのでしょうね。

このセクションでは、見出しを科学し、ユーザーの関心を引きつけるためのコピーライティングのテクニックについて、そのコツを一緒に探っていきます。

見込み客がページに訪れた瞬間、
まず目に飛び込むのが見出し

見込み客がページに訪れた瞬間、まず目に飛び込んでくるのが見出しです。
これが魅力的でなければ、彼らの関心を引きつけることはできません。

見込み客の注意を引く見出しのポイント

  • 目を引くだけでなく、読者の興味や好奇心を刺激する内容に
  • ユーザーが抱える問題や疑問を見出しに反映
  • 予想外の使い方や情報を提示する
    • 新しい発見に対して強く惹かれる
    • 数字を使った見出しも効果的

人の注意は限られています。だからこそ、見出しには鮮やかなハイライトを当てる必要があります。
ここで大切なのは、ただ目を引くだけでなく、読者の興味や好奇心を刺激する内容でなくてはなりません。

これは、単なる装飾ではなく、コピーライティングの技術と心理学が結びついた科学です。

まずは、ユーザーが抱える問題や疑問を見出しに反映させましょう。
それは彼らの悩みに直接的に応える形であるべきなので、「こんな悩みを解決したいですか?」と問いかけるような形式は、ユーザーが内容を読み進めたいと思う強い動機付けになります。

といっても、こんなお悩みありませんか?という使い方は見飽きているユーザーが多いので、それに変わる見せ方を考えることも重要です😂

次に、予想外の使い方や情報を提示することで、ユーザーの好奇心をくすぐりましょう。

人は新しい発見に対して強く惹かれるものです。
たとえば、「あなたが知らない、〇〇の意外な活用法」といった見出しは、訪問者にクリックさせるためのパワフルなトリガーになります。

さらに、数字を使った見出しも効果的です。
「5分でできる」とか「3ステップで」といった具体的な数字は、読者に行動のしやすさを示唆し、彼らが情報を処理しやすくするのです。

こんた

このように、見出しはただのテキストではなく、見込み客の関心を引き、ページにとどまらせ、行動を促すための重要な役割を果たします。
次のセクションでは、この見出しをさらに深く掘り下げていきますね!

ユーザーの心を掴む見出し構成のコツ

ではでは!見出しを作るときのちょっとしたコツを掘り下げていきます。
見出しは、読者の心を掴むためのフックみたいなもの。
じゃないと、せっかくのコンテンツが日の目を見ないことだってあります。

ユーザーに届く見出し構成のポイント

良い見出しは、読み手を引き込む魔法のようなもの。
読者が「これは!」と思わず読み進めたくなるような、そんな見出しを作るためのコツをいくつか紹介しますね。

  • シンプルで分かりやすい言葉を使った読みやすさは超重要
  • 好奇心を刺激する
  • アクションを起こしたくなるようなもので、エンゲージメントも狙う
  • コンテンツマーケティングの大原則だけど、価値の提供

まず、読みやすさは超重要。複雑で長ったらしい見出しよりも、シンプルで分かりやすい言葉を選びましょう!
そして、好奇心を刺激する。

例えば、「知られざる…の秘密」や「…で人生が変わる」みたいに、ちょっとしたドラマを感じさせるようなフレーズはおすすめです。

エンゲージメントも狙いたいところ。
読者が見出しを見ただけで、何かアクションを起こしたくなるような、それがたとえば質問形式であったり、「あなたならどうする?」みたいな自分事としての呼びかけも効果的だよ。

最後に、これはコンテンツマーケティングの大原則だけど、価値の提供を忘れないでくださいね!
見出しは大げさな広告コピーじゃなくて、本当に読者にとって価値があると感じさせるものでなきゃならないの。
読者が「この記事を読む価値がある」と確信できるような見出しを目指しましょう✨

見出しはただの文字の羅列じゃない。

見出し構成は読者の注意を惹き、彼らをページにとどまらせ、そして最終的には行動へと動かす力を持っています。これらのコツを活かして、心を掴む見出し構成をマスターしましょう!

次のセクションでは、これらの見出しをさらに活かすコンテンツ作成について書いていきますね。

予想外を織り交ぜ、新鮮さで読者を引きつけるコンテンツ作成

ユーザーの心を掴む見出しは、読者の興味を引き、彼らをコンテンツの世界に引き込む魔法のようなものです。そして、その魔法を作り出すにはいくつかのコツがあります。

エンゲージメントを高め、コンテンツマーケティングの効果を最大化するための見出し構成作りには、次のポイントを心掛けましょう。

心を掴む見出し構成のポイント4つ

  1. 直感に訴える
    見出しは直感的に理解できるようにする。
    読者が見出しを見た瞬間、内容が何についてのものなのかがすぐに理解できるようにしましょう。
  2. ストーリーテリングを用いる
    見出しにストーリーの要素を取り入れる。
    読者の好奇心を刺激します。
     
    たとえば、「失敗から学んだ、売上を2倍にする秘訣」という見出しは、読者の経験に共感を呼び、内容を知りたいという欲求を掻き立てます。
  3. 具体的であること
    抽象的な表現よりも、具体的な数字や事例を。
    これらを用いた見出しの方が、読者に具体的なイメージを与えやすく、エンゲージメントを生み出しやすいです。
  4. キーワードを駆使する
    SEOを意識し、検索されやすいキーワードを見出しに組み込むこと。
    そうすることで、検索エンジンからの流入を増やすことができます。
こんた

これらのコツを踏まえて、次のセクションでは、予想外の要素をどのように織り交ぜて、読者の新鮮な気持ちやちょっとした驚きを引き出すかに焦点を当てていきますね!

LPのような成約率を目指すサービスページの作り方

読者の予想を超える要素をページに盛り込むことは、ユーザに新鮮な気持ちや小さな驚きを提供し、その結果として彼らを長くページに留めることができます。

ページの滞在時間(ユーザーがその記事にとどまり読んでくれる時間)は、SEOとしてもとっても大切!

さらに、サービスページをランディングページ(LP)のように成約率を高める工夫を凝らすことが大切です。
ではでは、そんなサービスページを作るための方法を一緒に見ていきましょう。

こんた

高いコンバージョン率のサービスページを作るためには、ランディングページに見られるような要素を取り入れる必要があります。それには以下のポイントがあります。

明確な価値提案

何よりもまず、サービスの価値を明確に伝えることが大切です。
一目見て、訪問者が「これは自分にとって価値がある」と感じるようなメッセージが重要になります。

信頼性の構築

お客様の声や事例などのケーススタディを含めることで、訪問者の信頼を得ることができます。
実際にサービスがどのような成果をもたらしたかの具体例は非常に説得力がありますよね。

強力なCTA

サービスへの申し込みや商品の購入へと導くための強い呼びかけ(Call To Action)を設置しましょう。CTAは目立つ位置に配置し、行動を起こしやすいよう工夫します。

セールスライティング

言葉選びはセールスに直結します。読者の感情に訴え、行動を促すような言葉を選びましょう。ユーザーにとってのメリットを強調し、それがあなたの解決策になるという理由を明確に伝えます。

これらの要素を踏まえつつ、各サービスごとにページを細かく作り込むことで、訪問者をリードし、最終的には成約につなげることができる見出し構成が完成します!

次のセクションでは、これらのポイントを実際にどのようにサービスページに落とし込むかを詳しく解説していきますね。

サービスページで成果を出すために

サービスページが実際に成果を出すために必要なポイントについてまとめてみますね!

効果的なWebページ構築のためには、細部にわたる注意と戦略的な計画が求められますが、何をとっても最終的に大切なことはそのページごとの目標を明確にして、コンバージョン率を最大化させ、成果を上げることです。

成果を出すサービスページ構成のポイント

ターゲットユーザーを研究

まずは、あなたのサービスを最も必要としている人を深く理解しましょう。彼らの痛み点、願望、興味が何なのかを把握することが、成果に直結します。

これについては、リアルに存在している人が一番いいので、既存のお客様にヒアリングさせてもらえるのが一番です!検索ワードも見えてきますね。

カスタマージャーニーの最適化

訪問者がサービスページに到着してから、最終的なアクションに至るまでの流れをスムーズにすることが大切です。

各セクションごとにステップを明確にし、訪問者をコンバージョンに導くような設計を心がけましょう!

メッセージのクリアさ

提供する価値とユーザーが受ける利益を明確に伝えるメッセージが、強力な武器になります。
分かりずらい言葉は避けて、そのメッセージを前面に出し、直感的に理解できるようにしましょう。

ビジュアルの魅力

強力なキービジュアルはユーザーの注意を引きつけます。

魅力的な画像や動画を用いることで、メッセージを補強し、感情的な結びつきを生み出します。訴求したい内容と合っているかを確認しましょう!

テストと改善

サービスページは常にテストと改善のサイクルを繰り返しましょう。

A/Bテストを行い、どの要素がコンバージョンに影響を与えるのかを見極め、最適化していきます。

これらのポイントを踏まえて構成・実装することで、ただの情報を羅列したページではなく、訪問者を引きつけ、成約に結びつけるサービスページに生まれ変わります。

コンバージョンのヒントは、ユーザーのニーズに深く寄り添い、彼らが求める解決策を提供することにあります。
この考え方を基に、あなたのサービスページを見直してみてくださいね!

そして、それぞれの要素がしっかりと連携し、最終的な目標達成に紐づくように取り組んでいきましょう〜!

最後までお読みくださった方へのプレゼント🎁

この記事でお話ししてきた主な内容を総まとめした、見出し構成作成のためのチェックリストを作成しました!欲しい方は以下よりダウンロードしてくださいね✨

スクロールできます
項目内容
見込み客の注意を引く
見出しのポイント
目を引くだけでなく、読者の興味や好奇心を刺激する内容に
ユーザーが抱える問題や疑問を見出しに反映
予想外の使い方や情報を提示する
新しい発見に対して強く惹かれる
数字を使った見出しも効果的
ユーザーに届く
見出し構成のポイント
シンプルで分かりやすい言葉を使った読みやすさは超重要
好奇心を刺激する
アクションを起こしたくなるようなもので、エンゲージメントも狙う
コンテンツマーケティングの大原則だけど、価値の提供
心を掴む
見出し構成のポイント4つ
直感に訴える
ストーリーテリングを用いる
具体的であること
キーワードを駆使する
LPのような成約率を目指す
サービスページの作り方
明確な価値提案
信頼性の構築
強力なCTA(Call To Action)を設置
セールスライティング
成果を出すサービスページ
構成のポイント
ターゲットユーザーを研究
カスタマージャーニーの最適化
メッセージのクリアさ
ビジュアルの魅力
テストと改善
見出し構成作成のためのチェックリスト
  • URLをコピーしました!

新規集客をやめても、
売上が安定するホームページを作るには?

ホームページを作ったのに、
集客に役立たずランニングコストだけが発生……
こんなケースが続発しています!

制作実績2500件以上、成果を出し続けてきたエンジニアが
「集客できるホームページ」を提案します。

この記事を書いた人

埼玉県川口市で、自営業や起業家のホームページ制作を行っいます。
Web制作会社に7年務めたのち独立。Web制作歴12年、2500件以上のサイト制作に携わり、WordPressサイトを得意とし「作って終わり」にしない、結果が出るサイトであることを大切にしてます。「10人いれば10通りの最適なサイトがある」という信念のもと、型にハマったサイトづくりではなく、マーケティングから考えた、その人のビジネスにとって一番最適なサイトをご提案。技術面で不安のあるWebデザイナーのシステム面のサポートも行っております。

目次