CONTENTS
現在満枠のためご新規様のご相談は5月以降のご予約となります。

心強いサポートで安心!社名変更とホームページ移設の実例

心強いサポートで安心!社名変更とホームページ移設の実例

こんにちは、Webディレクターの今田です。
社名変更って新しい事業になったりとワクワクしますよね!

でも、ウェブサイトの引越しやドメインの移管って大変…。
そんな時は私たちにお任せください。
今回は、実際に対応した事例をご紹介します。

本来は、ドメインを変えずに社名だけ変更した方がSEO的にもいいのですが、今回はブランディング的にどうしてもURLも変更したいというご依頼だっため対応させていただきました。

目次

ドメイン移管って何?

ドメイン移管って何?というご相談はよくあります。
基本的に、ドメイン移管はドメインをひとつの管理会社から別の会社に変えること。
でも、ただ変えればいいってものじゃないんです。

今回は、その手続きの3つの大事なポイントをお話しします。

1. ドメインの確認、ちゃんとやりましょう!

最初のステップは、ドメインの確認です。これは本当に大事!
どこの会社で今ドメインが管理されているのか、それともう一つ、有効期限はいつまでなのか。

これらを確認しないと、後で困ることになります。
もし、情報が分からないなら、ドメイン管理会社に連絡して確認してみてくださいね。

2. ドメイン移管サポート

ドメインを移管するのは、正直ちょっと面倒な作業です。

一般的には、現在のドメイン管理会社で「移管用のコード」を取得して、新しい会社にそのコードを提供するんです。そこからは、新しい会社があとは全部面倒を見てくれます。
だから、コードさえちゃんと取れれば、あとは楽チンです。

3. メールも大事!

これ、最重要に大事なポイントなんです。

ドメインを移管するだけでは問題ないですが、サーバーも変えるとメールアドレスも使えなくなる可能性があります。
だから、メールの設定や移行も一緒に考えておかないと、重要なメールを逃すかもしれません。
メールの設定は新しい管理会社でどうするか、事前にしっかり確認しておきましょう。

ドメイン移管は一見面倒に見えますが、実はちゃんと手続きを踏めばそうでもありません。
ドメインの確認、移管の流れ、そしてメール設定。
この3つをしっかりと押さえておけば、後はスムーズに進みます。

何か困ったら、いつでも聞いてくださいね。

サイト引越し開始!4つのステップでスムーズに運営を継続

サイトの引越し、ちょっとドキドキしますよね。

でも、しっかり計画して行動すれば、スムーズに新しい”家”(ドメイン)に移ることができます。
今回は、そのための4つのステップを詳しく解説します!

1. バックアップは大事!

一番最初にやるべきは、大事なデータのバックアップです。
これが安心安全第一の鉄則!

万が一、何か問題が起きたときに備えて、すべてのデータを保存しておくんです。
データベースや画像、記事のテキストなど、漏れなくバックアップを取りましょう。

2. 新しい家(ドメイン)へ引越し

次は、新しいドメインにサイトを設置します。
設置が終わったら、しっかりと動作チェックをして、問題ないことを確認しましょう。
何か不具合があれば、バックアップから復元できるから安心です。

3. 古いサイトからのお客様、大切に!

新しいドメインに移ったからといって、古いURLから来る人を忘れちゃダメ。
リダイレクト設定で、古いURLから新しいサイトへスムーズに案内します。

これで、お客様が迷うことなく新しいサイトに来られますよ。

4. 分析ツールも忘れずに

引越し作業が一段落したら、Google Analyticsやサーチコンソールの設定も見直しましょう。
当社では、最新のGA4も一緒に設置して、これからのサイト運営に活かしていきます。

サイトの引越しは計画的に、そして慎重に進めれば、新しいドメインでも安心して運営できます。
バックアップ、新しいドメイン設置、リダイレクト設定、そして分析ツールの設定。

この4つをしっかりと行えば、あとは安心です。

最後に

本当は、ドメイン変更しない方がSEOにはいいんです。
でも、ブランディング重視で変更したい!っていう時は、全力でサポートしますよ。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

埼玉県川口市で、自営業や起業家のホームページ制作を行っいます。
Web制作会社に7年務めたのち独立。Web制作歴12年、2500件以上のサイト制作に携わり、WordPressサイトを得意とし「作って終わり」にしない、結果が出るサイトであることを大切にしてます。「10人いれば10通りの最適なサイトがある」という信念のもと、型にハマったサイトづくりではなく、マーケティングから考えた、その人のビジネスにとって一番最適なサイトをご提案。技術面で不安のあるWebデザイナーのシステム面のサポートも行っております。

目次