インスタグラム(Instagram)で複数の言葉でキーワード検索が出来るように!その方法と応用編[2022年1月]

インスタグラム(Instagram)で複数の言葉でキーワード検索が出来るように!その方法と応用編[2022年1月]

2021年11月にインスタグラム(Instagram)で日本語キーワード検索が導入開始されました。
もともとアメリカでテスト導入されていたインスタのキーワード検索機能でしたが、日本語でも検索できるようになっていました。

今までは、ハッシュタグ、ユーザー名、スポット名(位置情報)による検索のみができる状態だったのですが、当時のアップデートによりキーワード検索から関連する投稿を探すことができるようになりました。
Googleの画像検索がInstagram上でできるようになった状態でした。

今まではアプリの仕様上の問題が原因で複数検索はできないとされてきました。

それが、2022年になり複数キーワードでの検索(川口市 美容室 などと検索)ができるようになった点がとても便利です。

インスタグラムで「2語検索」がついに出来るようになりました!
これは「エリア名 サービス」 とかで近くのお店を探したい時にすごく便利だと思います。

近くのラーメン屋さんも、美容室も、子供向け遊び場とかも検索しやすくなる。
地域密着でサービスしてる人は、これを活用するためにもきちんとキャプションを入れていくことをおすすめします。
探してる人にとってもめちゃくちゃ便利になったよね。

目次

2語以上の複数の言葉での「検索対象」

  • ハッシュタグ(#〇〇というやつ)
  • キャプション(画像や動画の下に入れられる説明文のところ)
  • プロフィール文

これらが今のところ(2022年1月現在)では検索対象です。

検索結果は?

前述した内容が検索対象ということは、今のところフィード投稿のみが検索結果にあがってくるっていうことですね。

フォロワーさんを増やしたい方には、最近はもっぱら「リールをやった方が良い!」という波が来ていましたが、ここにきてちゃんとコンテンツも上がりやすくなったということですね。

コンテンツ投稿のユーザーにとっては、とても魅力的なアップデートですね。
検索結果画面、 左端が「トップ」となってフィード最新の関連投稿が並ぶので、今のうちにキャプションをもっと充実させておきましょう。

見込み客が選ぶキーワードを使うことがポイント

私たち発信者側の伝えたいことだけでなく、見込み客(ユーザー)が検索すると思われる言葉をちゃんと選んで、キャプション(投稿本文)に反映させる必要が出てきたってことですね。
少しGoogle検索みたいになってきたなと思います。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

埼玉県川口市で、自営業や起業家のホームページ制作を行っいます。
Web制作会社に7年務めたのち独立。Web制作歴12年、2500件以上のサイト制作に携わり、WordPressサイトを得意とし「作って終わり」にしない、結果が出るサイトであることを大切にしてます。「10人いれば10通りの最適なサイトがある」という信念のもと、型にハマったサイトづくりではなく、マーケティングから考えた、その人のビジネスにとって一番最適なサイトをご提案。技術面で不安のあるWebデザイナーのシステム面のサポートも行っております。

目次