MEO対策は自分でできる!上位表示させるポイントを解説

MEO対策は自分でできる!上位表示させるポイントを解説

MEOは「Map Engine Optimization」の略。簡単にいうとGoogleMapでの検索上位を目指す施策のこと

MEO対策は、地域のお客様に向けてローカルビジネスを展開する方が集客する方法の1つ。

「MEOってやった方がいいの?」と聞かれることもありますが、ローカルビジネスをしているなら、ぜひやったほうが良いと思います!

この記事では、MEO対策の基本や具体的なやり方、自分でできる上位表示のポイントなどを解説します。「業者を使ったほうがいいの?」とお悩みの方も、ぜひご一読ください。

目次

MEO対策(ローカルSEO)とは?

「MEO対策」とは、Googleビジネスプロフィールの情報をローカル検索(地域情報の検索)のアルゴリズムに最適化させる対策のこと。ローカルSEOとも呼ばれます。

といっても、なんか難しいですよね。ざっくりいうと、GoogleMapでお客様が「本屋」とか「歯医者」とか検索したときに、上位に表示されるように対策することがMEO対策です。

Googleビジネスプロフィールとは

Googleがビジネスオーナー向けに提供しているビジネス情報の管理ツールのこと。GoogleMap上のお店の情報は、このGoogleビジネスプロフィールで入力した情報を元に表示されます。

「GoogleMapで上位表示するだけ?」と思われるかもしれませんが、じつは検索エンジンで検索したときもMEOは有効!

そもそもローカル検索は、地名や地域を限定して検索すること。例えば「東京駅 ランチ」と検索すると、こちらのスクショのようにGoogleMapの結果が上位に表示されます。
なので、MEO対策をすると検索エンジン経由でもお店の情報を見つけてもらいやすくなります。

ホームページのSEO対策との違いは?

スクロールできます
略称
名称
MEO
地図エンジン最適化
SEO
検索エンジン最適化
対象Googleビジネスプロフィール
(旧Googleマイビジネス)
Webサイト
目的マップ検索での上位表示検索エンジンでの上位表示

広義の意味ではMEOもSEOになりますが、その特徴はかなり違います。

MEOでは、1つのキーワードに対してエリアで検索結果が変わります。例えば「東京駅 ランチ」と「八重洲口 ランチ」では上位表示されるお店は違いますよね。

エリアやキーワードをうまく絞ることで、どのお店にも上位表示のチャンスがあるわけです。

また、ローカル検索ではSEOよりMEOの結果が上位に表示されます。

こちらはスマホで「東京駅 ランチ」と検索したときのスクショです。

画面いっぱいにGoogleMapのおすすめ店舗が表示されていますよね。このようにローカル検索で上位表示されるお店のリストをローカルパックと呼び、このリストに入れるとホームページよりも露出が多くなり、高い集客効果が期待できます。

ローカルビジネスでホームページを作る場合、地域のお客様をターゲットとして、ネット検索からの来店や予約を狙っている場合がほとんどのはず。

「MEO対策をすると、その地域で検索するお客様との接点が増やせる」と思ってGoogleビジネスプロフィールを運用してもらいたいです。

どんな効果があるの?MEO対策をするメリット

検索結果に表示される以外にも、MEOは次のようなメリットがあります。

  • GoogleMapに店舗名と評価、口コミが表示される
  • 来店する可能性が高いお客様へアピールできる

「GoogleMapってそのうち勝手に掲載されるよね?」と思われるかも知れませんが、MEO対策をすることで、いち早くGoogleMapに店舗を表示させられます。

また、注目すべきは「ローカル検索をするお客様=来店してくれる可能性が高い」という点! 「八重洲口 ランチ」と検索する人は、実際に八重洲口近くでランチを予定している人がほとんどのはず。

ローカル検索では「買いたい」「行きたい」「したい」が検索の目的になっているケースが多いため、検索結果を通じてお客様が来店してくれる可能性が高くなります。

自分でできる!MEO対策のやり方

SEO対策では「コンテンツマップを作って、良質なコンテンツを入れて、測定ツールを設定して……」とやることがたくさんありますが、MEO対策のやり方はシンプルです。

  1. Googleビジネスプロフィールに登録する
  2. お店の詳細情報を入力する

Googleビジネスプロフィールの登録や利用は完全無料。だから、ローカルビジネスをしている人は、「やらないともったいない!」と思っています。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)に登録する

まず必要なのが、Googleビジネスプロフィールへの登録です。方法は2通りあります。

【GoogleMapにすでに店舗が登録されている場合】

  1. GoogleMapで店舗を表示
  2. 「ビジネスオーナーですか?」をクリック
  3. オーナー確認をする

【GoogleMapにまだ店舗が登録されてない場合】

  1. Googleビジネスプロフィールに登録する
  2. オーナー確認する

オーナー確認とは、あなたは本物のオーナーだとGoogleに認識してもらう手続きです。ハガキやメールなどいくつか方法が選べますが、電話が一番簡単だと思います。

お店の詳細情報を入力する          

オーナー確認が済むと、お店の詳しい情報を入力したり、口コミに返信できたりできます。

まずは開店時間やメニューなど、店舗情報を充実させてください。すべての項目を必須項目だと思って、入れられる箇所はすべて記載したほうが良いです。

なぜなら、Googleビジネスプロフィールはもう1つのホームページだから!

Googleマップのアプリなどで検索されたときにヒットしやすくするため、キーワードは多いほうがいいですよね。 なので、自然な形で各項目にキーワードを入れられるとなお良いです!

MEOで上位表示させるポイント

MEO対策の第一歩は、Googleビジネスプロフィールで詳しい情報を入力すること。もし競合が少ないエリアと業種であれば、これだけで上位表示できる可能性はあります。

しかし、そうでないケースの方が多いですよね。そこで、さらに以下のポイントを心がけましょう。

  • 写真を充実させる
  • 正確&最新の情報へきちんと更新する
  • 口コミと高評価をもらう

写真を充実させる

文字情報だけでなく、写真も重要!
店舗の外観や内観、メニューの写真などを載せて、視覚的な情報も充実させます。

写真があると、来店を検討しているお客様の安心にもつながります。 なお、お客様からの投稿写真も表示されますが、こちらは店舗オーナー側で制御できません。

正確&最新の情報へきちんと更新する

Googleは正確かつ最新の情報を好みます。

というのも、GoogleMapで表示された情報が1年前のものだったら「このお店、まだやってるのかな?」とお客様は不安になるし、Googleも正しい情報だと判断できないからです。

よって臨時休業や新メニューなどのちょっとした情報でもこまめに更新すると、信頼性が高いと見なされてMEOの評価も上がりやすくなります。

口コミと高評価をもらう

MEOで効果的なのは、お客様からの口コミと高評価です。口コミの数が多く、スコア(星)が高い店舗ほど上位表示されやすくなります。ウソの口コミは絶対NGですが、お客様に満足いただける店舗経営をしたうえで、常連さんに口コミや評価をお願いするのも1つの方法です。

口コミに返信したほうがいいの?

「お店としてお客様からの口コミに返信した方がいいの?」とよく聞かれますが、これは完全に業種によります。

例えば建築系などで、お客様に口コミをお願いしている場合はやったほうが良いと思います。 逆に、とくに口コミをお願いしていないのであれば、やらない方がいいかも知れません。例えばサロンなどの業種です。といっても、返信したほうがお店の方の人柄を伝えやすいのであれば、返信してもいいと思います。

MEO対策の注意点

MEO対策を行ううえでの注意点を紹介します。

  • 代行業者の利用は慎重に
  • 悪いく口コミや低評価にも誠実に対応する

代行業者の利用は慎重に

MEO対策をするといって営業をかけてくる代行業者もいます。MEOはSEOよりも安く(初期費用で1〜5万円程度)対策できるため、「その値段なら」と思ってしまうかもしれません。

しかし、MEO対策代行業者の利用は慎重に! なかには架空のアカウントを使ってウソの口コミをするような、ブラックな対策をする業者も……。

ガイドラインに抵触するようなやり方をされてしまうと、最悪の場合、Googleビジネスプロフィールを停止されるなどのペナルティを受けるリスクがあります。

【ガイドライン違反例】

  • 虚偽やなりすましのクチコミ
  • ユーザーの誤解を招く情報の記載
  • キャンペーンや割引情報などをビジネスの説明文や店舗名に入れること など

参考「Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン」「禁止および制限されているコンテンツ

MEO対策は、まずは自分でやってみることをおすすめします。MEOの全体像を把握しておくと、外注するとなった場合もちゃんとした業者を選定できるはずです。

悪い口コミや低評価にも誠実に対応する

悪い口コミや低評価をつけてくるお客様もいます。なかには、嫌がらせのような内容を書き込まれるケースも……。

悪い口コミをされてしまっても、それだけで不利にはならないと言われています。ただ、評価(★の数値)の平均値があまりに少ない場合は影響します……。

口コミや投稿された写真の削除依頼は出せるものの、Googleはお客様の意見も重要な情報と考えているため、なかなか削除してくれないのが現実です(違反対象と認定してくれない)。

しかし、ここで悪い口コミに感情的な返信をしては、ほかのお客様にも引かれてしまいます。スルーするにしても返信するにしても、冷静な対応が大切です。 最近だと、同業他社やそのエリア外の人による口コミ代行などは、Google側にやらせ判定をされたという報告もあったりします。なので、事実と異なる口コミをされてしまったら、まずGoogleへ報告してみるのをおすすめします。

MEO対策で集客を増やそう

GoogleMap上での検索上位を目指すMEO対策。

来店や予約につながりやすい施策のため、店舗ビジネスやローカルビジネスを展開する方にはぜひ挑戦して欲しい施策です。 対策の内容も、基本的には「真面目に、丁寧に、正確にやる」が基本。なのでWebの知識に自信がない方でも取り組みやすいはずです。

この記事がよかったらと思ったらぜひ♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ホームページ保健室

「ホームページがわからなすぎる」とひとりで悩んでいませんか?

法人~個人まで2,500サイトを制作したWebサイト制作技術の専門家が、
ホームページの技術的なこと~運用方法まで、
なんでも解決する『ホームページ保健室』をご利用ください。

\ 何日も悩んでいたことが、一瞬で解決 /

わたしがこの記事を書きました

埼玉県川口市で、自営業や起業家のホームページ制作を行っいます。
Web制作会社に7年務めたのち独立。Web制作歴12年、2500件以上のサイト制作に携わり、WordPressサイトを得意とし「作って終わり」にしない、結果が出るサイトであることを大切にしてます。「10人いれば10通りの最適なサイトがある」という信念のもと、型にハマったサイトづくりではなく、マーケティングから考えた、その人のビジネスにとって一番最適なサイトをご提案。技術面で不安のあるWebデザイナーのシステム面のサポートも行っております。

この記事に関するご質問やご相談、コメントはこちら

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる